子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldトンキニーズ

世界の猫図鑑からトンキニーズをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。トンキニーズの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Tonkinese
誕生国 ビルマ(ミャンマー)
誕生年 1800年代
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ セミフォーリン
原種 バーミーズ×シャム
毛種 短毛種
目色 アクア・ブルー・グリーン~イエローグリーン
公認毛色 ナチュラルミンク・ブルーミンク・シャンパンソリッド・プラチナポイントなど

Average Data47匹の平均データ []

体重 [] ♂ 3.6kg ♀ 3.4kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
トンキニーズのルーツには二つの説があります。1800年代後半のキャットショーに出陳されたチョコレートポイントのシャムがルーツだという説と、 1930 年代に生まれたゴールデンのシャムがルーツだとする説です。残念ながら本当のルーツがどこにあるのか、はっきりしたことは分かっていませんが、現在のトンキニーズの原型としてはっきり記録に残っているのは、1950年代のニューヨークでペットショップを経営していたグリーア氏が、シールポイントのシャムと、セーブルのバーミーズを交配させた結果、チョコレートポイントのトンキニーズが誕生した、ということです。シャムとバーミーズの良いところを見事に受け継いだトンキニーズは一気に人気となり、1979年にCFA、TICA公認となりました。
特徴
ボディは中型のセミフォーリンタイプ。後肢が前肢よりもやや長く、アーモンド型の目、丸みを帯びた楕円形のポー、細長い尾をもちます。雌よりも雄の方がやや大きめです。
被毛の特徴
短く光沢のある被毛はボディーに密着しています。自慢のその被毛はミンクと名がついているほどツヤツヤでしっとりした手触り。四肢、顔、耳、尾にポイントを持ち、ナチュラル・ブルー・チョコレート・フロストの4色が公認されています。
性格
活動的で愛情深く、シャム譲りです。社交的な一方で、落ち着きがなく、いつでもドタバタ。人懐っこく、愛嬌もタップリです。
生活環境
活発でいつも動き回っているので、キャットタワーなどでフォローしましょう。また、よく動く分よく食べます。高カロリー高たんぱくな食事でサポートしてあげましょう。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のトンキニーズ(47)

あなたの家のトンキニーズをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ