子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldマンチカン

世界の猫図鑑からマンチカンをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。マンチカンの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Munchkin
誕生国 アメリカ
誕生年 1990年代
公認団体 TICA
タイプ セミコビー
原種 雑種のショートヘア
毛種 短毛種と長毛種
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 ホワイト・レッド・ブラック&ホワイト・ブルーミンク・シルバーマッカレルタビー&ホワイトなど全ての毛色

Average Data93匹の平均データ []

体重 [] ♂ 4.0kg ♀ 3.0kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
マンチカンは、しばらくの間そのルーツや短い足の原因などが知られていませんでしたが、最近ではイエネコの中から自然発生した遺伝子の常染色体突然変異によるもとの分かりました。特徴的な短い足が障害のようだと言われていた時期もありましたが、障害でもなんでもなく、体の機能には何の問題もないことも明らかになっています。名前の由来は、「短縮」「長い骨が曲がる」という意味の言葉からつけられました。実際には骨が曲がっていることはなく、骨格も柔軟性も他のネコと何ら変わりありません。現在のマンチカンは、1983年にアメリカで発見されたネコが最初だと言われています。95年TICA公認。その後ロングヘアも登場し、それまでの新種否定の論議を一蹴する人気となりました。
特徴
座っていると分からないけれど、立つとすぐに分かる短い四肢が最大の特徴です。これによって「ネコ界のダックスフント」とも言われ、短いけれど膝もちゃんとあり、膝から上と膝から下の長さがほぼ同じです。この短い足で不便をしいられることはまずありません。本人たちはいたって普通。ジャンプや木登りなども大得意なのです。ボディはセミコビータイプ。とてもよく引き締まった筋肉質な体です。
被毛の特徴
細くて密生している被毛は、とってもシルキー。長毛でも、ペルシャなどと違って縺れる毛質ではないので、お手入れはそんなに難しくはありません。一方短毛も、豊かに密生しているお陰でどちらかというとやや長めの短毛ではありますが、とても手触りがよくお手入れも楽です。
性格
明るく元気で、探究心旺盛。陽気で好奇心も強く、飼い主には甘えん坊です。飼い主のことは心から信頼するので、ベタベタくっついてくるのも日常茶飯事。
生活環境
活発です。キャットタワー、タンスの上など、充分に運動できる場所をつくり、たくさん運動させてください。その分食事は、高カロリー高たんぱくのものを。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のマンチカン(93)

あなたの家のマンチカンをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ