子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldマンクス

世界の猫図鑑からマンクスをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。マンクスの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Manx
誕生国 イギリス
誕生年 1600年代
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ コビー
原種 雑種のショートヘア
毛種 短毛種
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 レッド・クリーム・ブラックスモーク・シルバーパッチドタビー・キャリコなど全ての毛色

Average Data4匹の平均データ []

体重 []  ♀ 4.4kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
マンクスのルーツは未だに謎につつまれています。諸説あるのですが、イギリス沖合いのマン島にいたネコから突然変異で誕生したとする説が有力です。有名な説では、「ノアの方舟に最後に飛び乗ってその時扉に尻尾をはさまれてなくなってしまった」というものもあります。いずれにせよ、ルーツも尾がない理由もはっきりしたことは分かっていません。
特徴
もちろん最大の特徴は「尾がない」こと。尾は長さによって大き3つに分けられ、ランピー・キムリックは全く尾がなく、スタンピーはごくわずかに尾椎が残り、ロンギーはやや短めの尾をもちます。マンクスの繁殖には、ランピーとスタンピーを掛け合わせることが絶対です。ランピー同士では、子ネコが胎内、あるいは誕生後すぐに死に至る可能性が非常に高く、マンクスの遺伝子が致死性遺伝子であることが影響しています。また、マンクスは長命ながら多産系ではなく、その為なかなか数が増えません。ボディは典型的なコビータイプ。後肢よりも前肢の方が長く、跳ねるように歩く様は「ラビットキャット」とも言われています。マズルにはブレイクがあり、つり上がり気味の大きな目をもっています。
被毛の特徴
ダブルコートで、分厚く柔らかなアンダーコートと長めで光沢のあるトップコートをもっています。トップコートの手触りはやや固め。夏にはアンダーコートが抜けて柔らかい手触りに。
性格
基本的にはおとなしいネコですが、反面活発で木登りも大好き。ちょっと神経質な面もありますが、愛情深く、賢い性格で飼い主には従順です。
生活環境
それほど運動量は多くありませんので、あまり高カロリーの食事を与えると病気の元です。ごくごく普通の食事が理想的。甘えてきたらおもちゃなどで遊んであげる程度で、無理矢理運動をさせる必要はありません。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のマンクス(4)

あなたの家のマンクスをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全4件
このページの先頭へ