子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldメインクーン

世界の猫図鑑からメインクーンをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。メインクーンの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Mainecoon
誕生国 アメリカ
誕生年 1770年代
公認団体 CFAとTICAの両方
タイプ ロング&サブスタンシャル
原種 雑種のロングヘア
毛種 長毛種
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 ホワイト・ブルー・ブラウンクラシックタビー・シルバーマッカレルタビー・ブラック&ホワイトなど全ての毛色

Average Data92匹の平均データ []

体重 [] ♂ 5.5kg ♀ 5.1kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
メインクーンは、アメリカで初めて自然発生したネコで、その歴史はとても古いのですが、ルーツは諸説唱えられており、移民船に乗ってやってきたネコと、アメリカ土着の長毛種との掛け合わせだとか、ロシアなどからネズミ駆除ネコとしていっしょに連れてこられたネコだとか、色々な説がありはっきりしたことは分かっていません。メインクーンは北アメリカで生きるうちに、その寒さ・暑さといった自然を前にして逞しいネコへと変貌をとげ、厳しい環境を生き抜いたことによって肉体的・精神的な優れた能力を培っていったのです。1961年、アメリカで初めてキャットショーに出陳されてから人気に。ただし、アメリカ土着のネコには長毛種が多くいたため、なかなか登録は認められず、人気とは裏腹にCFA公認は遅かったと言われています。
特徴
ボディはとてもがっしりしたロング&サブスタンシャルタイプ。自然の厳しさによって鍛え上げられた四肢は、しっかりした骨格に強固な筋肉。大きくて間隔の離れた目、同じく大きくて先の尖った耳、大きくて丸いポー、幅の広い胸部と、ワイルドさは見た目にも表れています。大型種ですので、成猫で体重10キロになることもあります。その代わり成長の速度は遅く、成猫になるのには大きさで2年ほど、重さではなんと3~5年程かかります。
被毛の特徴
自慢の被毛は厚くてとってもシルキー。長さが不揃いなのも特徴です。首周りにはラフが見られ、耳やポーにはタフトが見られます。防水効果のあるオーバーコートを持つダブルコートで、背中の毛は下にいくほど長くなります。
性格
ワイルドな歴史、外見とは全く違った優しいネコ。その歴史の中で、人間とも共存する術を身につけたネコとも言われています。温和で頭も良く、静かなネコです。反面、持ち前のハンター精神からなのか好奇心も旺盛で、遊ぶのも大好きです。
生活環境
ネコ界きっての大型種ですので、高カロリー高たんぱくの食事を。特に離乳後~1歳になる前までは、体を作るときですのでおやつにも高カロリー高たんぱくなものを。運動も同じ位たっぷりさせましょう。じゃれるのも大好きなネコです。
グルーミング
よくブラッシングしないとすぐに縺れてしまいますので、朝晩1回づつブラッシングとコーミングをしましょう。

みんなの家のメインクーン(92)

あなたの家のメインクーンをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ