子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldターキッシュバン

世界の猫図鑑からターキッシュバンをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。ターキッシュバンの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Turkish Van
誕生国 トルコ
誕生年 1955年
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ ロング&サブスタンシャル
原種 雑種のセミロングヘア
毛種 セミロングの長毛種
目色 アンバー、ブルー、オッドアイ(アンバー&ブルー)
公認毛色 ブラック・クリーム・レッドタビー・ブラウンタビー・トーティシェル・ブルーパッチドタビーなど

Average Data5匹の平均データ []

体重 [] ♂ 5.9kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
ターキッシュバンが初めて発見されたのは1955年のこと。トルコ南東部にあるバン湖で、「泳いでいる」ネコをイギリス人カメラマンが発見しました。興味を持ったカメラマンは、そのうちの2匹をイギリスへ連れて帰りました。そして1982年にブリーダーによってアメリカへと渡りアメリカでも繁殖が始まりました。またフランスとオランダからも輸入され、アメリカ人のリアーク夫妻がその輸入ネコを使って計画繁殖に乗り出したことで世界に認知されるようになり、瞬く間に人気のネコとなりました。1995年、CFA公認。日本ではまだまだ少ない品種ですが、ターキッシュアンゴラとは別の魅力でこれから長い歴史を刻むでしょう。
特徴
ボディは筋肉質なロング&サブスタンシャル。全体的に筋肉質でよく締まった体をしており、四肢のつま先にはタフト。V字型の顔、短いマズル、目は大きな楕円形で愛らしく、耳にはイヤーファーニッシングがあります。綺麗な声で鳴くのも特徴です。
被毛の特徴
長くて柔らか、そしてシルキーな被毛は、独特のバンパターンがあります。これは、頭部の耳周辺と、尾にのみ見られるパターンで、その他は真っ白というコントラストが最大の特徴です。シングルコートで、夏にはかなり短く冬にはふさふさに、季節によって被毛の長さがかなり変化します。
性格
頭が良く活発。ターキッシュアンゴラと同じように自由気ままを好み、束縛を嫌います。「泳いでいる」ところを発見されたように、水を怖がらず、むしろ積極的です。ただ、ちょっと狭いところは苦手。木登りも大好きです。
生活環境
木登りも大好きなので、キャットタワーなど上下運動の出来る環境が望ましいでしょう。また、食事は大型種に見合った高カロリー高たんぱくのものを心がけ、たっぷり運動もさせることが肝心です。
グルーミング
毛玉はほとんど出来ないので、気がついたらブラッシングで抜け毛を取り除き、毛並みを整えてあげましょう。

みんなの家のターキッシュバン(5)

あなたの家のターキッシュバンをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全5件
このページの先頭へ