子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldシンガプーラ

世界の猫図鑑からシンガプーラをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。シンガプーラの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Singapura
誕生国 シンガポール
誕生年 1974年
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ セミコビー
原種 雑種のティックドショートヘア
毛種 短毛種
目色 ヘーゼル・グリーン・ゴールドなど。アイライン有り
公認毛色 セピア・セーブル・セピアアグーティタビー・セーブルアグーティタビー

Average Data51匹の平均データ []

体重 [] ♂ 3.4kg ♀ 2.7kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
シンガプーラという呼び名は、シンガポールのマレー語。1974年にシンガポールに赴任していたアメリカ人のメドゥ夫妻が見つけたネコが始まり。そのネコを連れて帰国した夫妻は、さっそく繁殖を開始しました。アビシニアンに似たティッキングから、当時は人為的に作られたネコだと見る向きもありましたが、その後アビシニアンとは全く別のナチュラルブリードだということが判明。もとはシンガポールの下水溝(ドレイン)で暮らしていた「ドレインキャット」とも呼ばれるこのネコがCFAに公認されたのは1988年。成猫でも体重2キロの小さな妖精は、あっという間に人気者になりました。
特徴
ボディは全猫種最小のセミコビータイプ。小さいですがボディ、四肢ともにしっかりした筋肉質で、やや上がり気味の目はアイラインが入ってパッチリした印象。ピンと立った耳は丸い顔にやや離れ気味についています。最大の特徴でもあるボディの大きさは、大きくても2.7キロ(6ポンド)ほど。普通サイズのネコよりも一回り以上小さく、大型種の4分の1ほどしかありません。尚、子ネコの目色は生後9週間までに変わっていきます。
被毛の特徴
短くシルキーで滑らかな肌触り。アビシニアンと同じようにティッキング(1本の毛に少なくとも2種類の帯)があり、根元が薄く、先端が濃くなっています。腹部は両脇より淡い色で、尾の先端はほぼ黒と言ってもいいほどの濃いブラウン。前肢の内側にはバーリング(濃色の線)があります。
性格
小さな体の印象通り、優しく甘えん坊で、短毛種でありながら長毛種のようなおとなしさ。人懐っこく、「小さな妖精」という言葉は性格にも当てはまっています。
生活環境
運動量は普通。食事を与えすぎさえしなければ、特別運動をさせなくても大丈夫ですが、もともとの運動能力は高いので遊んであげるととっても喜びます。体はもとより声も小さいので、現代の住宅事情にはぴったり。ただし、あまり騒がしいところは苦手なので、静かな環境が望ましいでしょう。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のシンガプーラ(51)

あなたの家のシンガプーラをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ