子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldピクシーボブ

世界の猫図鑑からピクシーボブをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。ピクシーボブの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Pixie Bob
誕生国 アメリカ
誕生年 1985年
公認団体 TICA
タイプ ロング&サブスタンシャル
原種 雑種×野生のボブキャット
毛種 短毛種
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 茶色のスポット

Average Data0匹の平均データ []

体重 []  
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
1985年、アメリカのサンダース夫妻が、カナダの山中で1匹のボブテイルを発見しました。ワイルドな外見に魅せられた夫妻は、家に持ち帰ることに。すると、間もなくこのネコは4匹のワイルドな子ネコを産みました。それを知ったブリーダーのブルーワー氏は、サンダース夫妻から親子のネコを譲りうけ、子ネコに「ピクシー」と名づけて、新種の作出に取り掛かったのです。そして、ピクシーと短毛の雄を交配させた結果、生まれたのが最初のピクシーボブでした。
特徴
野性味溢れる筋肉質で強固なボディはロング&サブスタンシャルタイプ。特徴的なのはボブテイル(短い尻尾)。長くても15センチ、短ければ3センチほどで、ほとんど尻尾らしきものは見えません。マスカラの入った顔や、尖った耳、立派なヒゲ、ポーも逞しく、全体的に大きくがっしりしている印象です。
被毛の特徴
被毛は、ヤマネコに似たブラウンのスポットがあり、表面はとってもツヤツヤ。見た目よりもやわらかい感触です。
性格
その外見とは裏腹に、性格はいたって静かで飼い主忠実です。頭も良くて好奇心旺盛、冒険大好き。飼い主と遊ぶことも大好きで、飼い主のことは非常に信頼します。とても飼いやすいネコです。
生活環境
大き目の品種ですので、高カロリー高たんぱくで、栄養バランスも考えた食事を与え、その分しっかりたっぷり運動させることが理想です。そもそもが野生の猫ですので、動き回ることも大好きです。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のピクシーボブ(0)

まだピクシーボブの投稿がありません。
あなたの家のピクシーボブをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全0件
このページの先頭へ