子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldペルシャ

世界の猫図鑑からペルシャをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。ペルシャの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Persian
誕生国 イギリス
誕生年 1800年代
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ コビー
原種 アンゴラ×長毛種と言われているが定かではない
毛種 長毛種
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 ホワイト・チンチラシルバー・シェーデットカメオ・ヒマラヤンリンクスなどポイント・縞・単色で100種以上

Average Data100匹の平均データ []

体重 [] ♂ 3.8kg ♀ 3.0kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
ネコ界の王様とも言われるペルシャですが、実際に多くのネコ種の交配に使用されており、たくさんのネコがペルシャの血を受け継いでいると言えます。ですが、そのルーツは未だに謎の部分が多いのも確かです。一説によるとターキッシュアンゴラと、ペルシャ(現イラン)土着のネコを交配させて誕生したネコだと言われていますが、本当の所は定かではありません。それでも、アジア出身というのは有力のようです。公式のものとしては世界初のキャットショーが1871年に行われ、そこに出陳されたペルシャは、その被毛の豪華さとエレガントさで話題になったといいます。いずれにせよ、ペルシャの出現はでネコ界は大いに揺れ、また交配に使うなど、ネコの歴史にとっても大きな影響を与えた事は間違いなく、それがネコ界の王様と言われる所以なのかもしれません。
特徴
ボディは典型的なコビータイプ。丸々としていて、一見太っていそうにも見えますが、実は筋肉もたっぷり。まん丸で大きな目、特徴的なつぶれた鼻をもち、横から見ると額・鼻・あごの高さが均一です。耳にはタフトがあり、ネコ界の王様という呼び名にふさわしい威厳のある立ち姿をしています。
被毛の特徴
ふさふさのダブルコートは密生しており、特に首周りと尻尾は顕著です。とてもツヤツヤでなめらか、それでいてふわふわの豪華な被毛です。
性格
非常に穏やかで温和。ゴロゴロしている時が一番幸せそうです。人懐っこい面もあるようで、飼い主に添い寝する姿も。何しろ静かなネコで、滅多に鳴きません。一人でも全く平気なのほほんネコです。
生活環境
おっとりのんびりマイペース、運動もさほど必要とはしませんので、栄養バランスのよい食事を与るほかは、無理矢理運動をさせる必要はありません。せがんで来たら一緒に遊んであげるとよいでしょう。基本的に、おとなしくいつもゴロゴロしていますので、構いすぎないように。長毛種は抜け毛も多く出ますので、掃除はきちんと。毛を食べて毛玉を吐き出さないようにしましょう。
グルーミング
1日1回のブラッシングとコーミングをかかさないように。毛が繊細なのでもつれやすく、もつれると切るほかありませんので、しっかり丁寧に、抜け毛もできるだけ取り除いてあげましょう。

みんなの家のペルシャ(100)

あなたの家のペルシャをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ