子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldオリエンタル

世界の猫図鑑からオリエンタルをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。オリエンタルの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Oriental
誕生国 アメリカ
誕生年 1960年代
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ オリエンタル
原種 シャム同士の交配
毛種 短毛種と長毛種
目色 グリーン(ホワイトには青・金・銀の目も認められています)
公認毛色 ポイントカラーを除く全ての色。(チェスナッツ、エボニーシルバー、ブルースモークなど)

Average Data1匹の平均データ []

体重 [] ♂ 2.8kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
オリエンタル誕生のきっかけは、シャムのブリーダーたちがポイントのない白いシャムを作出しようと研究を始めたことに端を発します。その結果、チョコレート、白、ポイント、ブラック、タビーなど実にカラフルなシャムが誕生しました。しかし本来のシャムの血統を危ぶむ声もあり、「オリエンタルショートヘア」と呼び名も変わりました。ですから、被毛の色が違うだけで、性質や遺伝学的に見てもシャムと全く同じです。1977年CFA公認。ロングヘアは、シャムに長毛の遺伝子が紛れ込んだ結果生まれた突然変異種ですが、ブリーダーたちの努力によって、見事オリエンタルロングヘアとして認められるようになりました。
特徴
ボディはスリムなオリエンタルタイプ。とても細いのに筋肉は屈強。ボディに釣り合う細長い四肢をもち、V字型の頭、根元が広く先に行くほど尖った大きな耳、アーモンド型のやや上がった目など、被毛以外はシャムの特徴と同じ。またショート、ロング共に被毛の長さ以外同じ。
被毛の特徴
短く細く、光沢のある被毛です。ロングヘアは、長毛種の中ではやや短めで、おおよそ5センチほど。ダブルコートではなく、アンダーのない被毛なのでふさふさ感はそこまでないものの、ショートヘアと比べるとそのゴージャスさは一目瞭然。カラーは、ショート、ロング共にポインテッド以外の多くの種類が公認されています。
性格
優しく甘えん坊で、とっても愛情深い性格です。飼い主に擦り寄ってくるのもしばしば。ちょっと神経質な一面も。
生活環境
とても活発なので、適度に運動できる環境でないとストレスが溜まります。もともとの体が細いタイプなので、あまり食べさせ過ぎず、食べた分しっかり運動をさせましょう。
グルーミング
ショートは1日1回、ロングは朝晩1回ブラッシングをしましょう。ロングヘアは、ブラッシングと共にコーミングもしてあげると被毛が輝きます。また抜け毛を取り除く意味でも丁寧なブラッシングを心がけるとよいでしょう。

みんなの家のオリエンタル(1)

あなたの家のオリエンタルをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全1件
このページの先頭へ