子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldデボンレックス

世界の猫図鑑からデボンレックスをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。デボンレックスの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Devon Rex
誕生国 イギリス
誕生年 1960年
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ セミフォーリン
原種 雑種のショートヘア
毛種 ウェービーな短毛
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 ホワイト・レッド・ブルーシェーデット・ブラックスモーク・ブラウンタビーなど全ての毛色

Average Data0匹の平均データ []

体重 []  
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
巻き毛のネコというと、コーニッシュレックスを思い浮かべる人も少なくないはず。一見同じようにも見えますが、実はコーニッシュレックスとデボンレックスの巻き毛の遺伝子は全くの別物である劣性遺伝子なのです。1960年、イギリスのデボンに住む人が近所で巻き毛の雄ネコを見つけ、自宅で飼っていたネコと交配させたところ、そのうちの1匹が巻き毛を纏って産まれました。次に、コーニッシュレックスとの交配を試みたのですが、産まれたのは全て直毛ばかり。こうして、コーニッシュレックスとデボンレックスの遺伝子が全く異なるものであることが分かったのです。その後、デボンレックス独自の繁殖計画によって数も愛好家も増え、1979年にCFAで公認されました。
特徴
ボディは筋肉質なセミフォーリンタイプ。コーニッシュレックスと違うものの一つに、大きな耳が挙げられます。V字型の顔に対してとても大きく尖った耳はタフトもあり愛嬌たっぷり。鼻にはストップが見られ、小さな楕円形のポーにはピンクのパッド。卵形で大きな目も特徴です。
被毛の特徴
短く細く柔らかく、ウェーブがかかっていますが、コーニッシュレックスと比べるとやや緩やか。アンダーのみのシングルコートですが、肌触りはまるでビロードのよう。子ネコは成ネコほど豊かな被毛ではありませんが、色むらのないものが好まれます。
性格
愛嬌ある外見そのままに、活発で冒険大好き遊ぶのも大好き、そしていたずらも大好きと、とってもおちゃめ。鳴き声はとても小さいので、ペットには最適かもしれません。たいていのネコが、不満の表現として尻尾を振る一方、デボンレックスは満足の証として尻尾を振ります。その動作と、特徴的な被毛などから、「プードルキャット」とも呼ばれています。
生活環境
遊ぶことが大好きなので、放っておいても勝手に遊びますが、気付いた時に遊んであげると喜びます。登り木やネコじゃらしなど、何でもよく遊びます。食事は与えすぎずに細身の体を維持しましょう。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のデボンレックス(0)

まだデボンレックスの投稿がありません。
あなたの家のデボンレックスをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全0件
このページの先頭へ