子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldバーミーズ

世界の猫図鑑からバーミーズをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。バーミーズの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Burmese
誕生国 タイ
誕生年 1400年代
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ コビー
原種 雑種のショートヘア
毛種 短毛種
目色 ゴールド
公認毛色 セーブル・ブルー・シャンパン・プラチナ・フロストなど

Average Data3匹の平均データ []

体重 [] ♂ 4.4kg ♀ 2.2kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
タイでは何世紀にも渡ってバーミーズに似たネコが知られていましたが、バーミーズが世に出ることになったのは1930年のこと。当時ビルマ(現ミャンマー)に滞在していたアメリカの精神科医・トンプソン博士が、ウォンマンと言う名のネコをアメリカに連れて帰ったことに始まります。博士は、そのネコにシャムを交配。そして生まれた子ネコを、さらにもう一度ウォンマンと交配させ、結果生まれたのが現在のバーミーズの原型である、綺麗な茶色のネコでした。名前の由来は「バーミーズ葉巻」から。色がよく似ていることから付いたようです。1936年CFA公認。
特徴
バーミーズは体のさまざまなパーツに丸みがあるのが特徴です。ボディは丸みのあるコビータイプ。目も丸く、少し離れ気味についています。均整のとれた丸いポー、力強く丸みを帯びた胸、後肢は前肢よりもやや長く、鼻にはブレイクがあります。
被毛の特徴
短く光沢が有り、サテンのような手触りの被毛は、バーミーズの一番の自慢。セーブルを始めブルー・チョコレート・フロストなどがあり、いずれも濃いポイントが特徴です。
性格
遊ぶのが大好きで、陽気で楽しいネコ。そのくせ鳴き声はとっても小さく、子どもやお年寄りとも仲良しです。
生活環境
もともと筋肉質なネコなので、食事は高カロリー高たんぱくを心がけ、よく運動させるようにしましょう。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のバーミーズ(3)

あなたの家のバーミーズをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全3件
このページの先頭へ