子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldボンベイ

世界の猫図鑑からボンベイをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。ボンベイの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Bombay
誕生国 アメリカ
誕生年 1958年
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ セミコビー
原種 バーミーズ×アメリカンショートヘア
毛種 短毛種
目色 ゴールド・カッパー
公認毛色 ブラック

Average Data20匹の平均データ []

体重 [] ♂ 4.8kg ♀ 3.2kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
まるでミュージカル「CATS」のロゴマークのようなこのネコは、1958年にアメリカ・ケンタッキーのニッキー・ホーナー氏によって作出されました。小型のブラックパンサーを目指してバーミーズとアメリカンショートヘアを交配させ、生まれたのがボンベイです。現在は、バーミーズ自体がアメリカとイギリスでのタイプが違う為に、その血を受け継いだボンベイも、アメリカとイギリスではだいぶタイプが違います。名前の由来は、レパードが生息するインドの都市・ボンベイから。
特徴
セミコビータイプの、筋肉質でがっしりした体型で、骨格もしっかりしています。V字型の短い顔、先端の丸い耳、均整の取れた楕円形のポー、丸くて大きな目をもち、重いのも特徴。漆黒の被毛は、ボンベイの誇るべき特徴の一つでしょう。鳴き声は、小さく控えめ。
被毛の特徴
短く滑らかで、エナメルのような独特の光沢があります。生まれてすぐには、タビーの模様が現れることも多く、その際目がブルーやグレーだったりします。しかし、大人になるにつれて真っ黒のツヤツヤな被毛になりますのでご安心を。ただし、バーミーズの血を濃く受け継いでブラウンに生まれた場合、大人になっても黒くなることはありません。
性格
バーミーズに似て、穏やかで、頭もよく、犬や子どもも全く平気。人間のことも大好きです。抱っこして、とせがむこともしょっちゅう。とても飼い易いネコであることに間違いありません。
生活環境
運動は大好きですので、その分バランスのよい栄耀のある食事を。運動が好きなのに出来ないとストレスを溜めてしまいますので、適度に運動ができる環境が大事です。登り木一つあるだけでもとても喜びます。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。

みんなの家のボンベイ(20)

あなたの家のボンベイをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ