子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldアメリカンワイヤーヘア

世界の猫図鑑からアメリカンワイヤーヘアをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。アメリカンワイヤーヘアの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 American Wire Hair
誕生国 アメリカ
誕生年 1966年
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ セミコビー
原種 雑種のショートヘア
毛種 中くらいの短毛種
目色 被毛の色に準ずる
公認毛色 シルバークラシックタビー&ホワイト、ブラック&ホワイトなど、すべての毛色

Average Data1匹の平均データ []

体重 [] ♂ 6.4kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
1966年、ニューヨーク州・ヴェローナの農場でアメリカンショートヘアが子ネコを産みました。が、その中に1匹だけレッドとホワイトの混じったちょっと不思議なネコがいたのです。それが、のちに「アダム」と名づけられたアメリカンワイヤーヘアの原型となるネコでした。一緒に産まれたネコと違ったのは、被毛がゴワゴワと固く、たわしのように縮れていたこと。これを知ったレックスのブリーダー・オシュア婦人は、この突然変異で産まれたヘアの品種確立を目指し交配を行いました。やがてこのヘアは優性遺伝だということが分かり、アメリカンショートヘアと交配を行った結果、現在のアメリカンワイヤーヘアが完成したのです。 現在まで、最初のネコたちと血縁を持たないワイヤーヘアは報告されていません。従って、現在のアメリカンワイヤーヘアは、全てアダムという1匹のネコの子孫であり、このネコはアダムから産まれたネコだと言えるでしょう。CFAには1978年に公認されています。
特徴
最大の特徴は縮れ毛。耳の内側の毛まで、しっかり先端が丸まったり折れていたりする。ひげもカールしている。顔は丸いが顎は角ばっており、ボディは中くらいのセミコビータイプ。逞しい筋肉と、しっかりしたバネをもつ後肢、バランスのよい首、大きな目はやや釣り上がり、被毛以外はアメリカンショートヘアとそっくりです。
被毛の特徴
縮れた被毛はとても厚い。顎の下、腹部などはあまり硬い毛は生えず、全体的に触るとウールのような感触。アンダー~オーバーまで全て縮れており、抜群の弾力性をもちます。毛色やパターンは、アメリカンショートヘアで許容されているものはワイヤーヘアでもすべて認められています。
性格
とても人懐っこく、活発です。アメリカンショートヘア譲りの逞しさも。丈夫で長生き。とても人懐っこく、活発です。アメリカンショートヘア譲りの逞しさも。丈夫で長生き。
生活環境
お手入れはとても簡単。シャワーの際はよく乾かすこと。乾けば弾力性が戻ってきます。
グルーミング
1日1回のブラッシングでOK。ペタッとしてきたらシャンプーもしてあげましょう。

みんなの家のアメリカンワイヤーヘア(1)

あなたの家のアメリカンワイヤーヘアをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

  • 全1件
このページの先頭へ