子猫・猫を厳選ブリーダーから。里親情報・猫図鑑・猫の病気はニャンダフル

An illustrated guide to cats of the worldアビシニアン

世界の猫図鑑からアビシニアンをご紹介。
歴史~毛色、性格、特徴などを見てみましょう。アビシニアンの子猫の情報も!

Basic Data基本データ

英表記 Abyssinian
誕生国 エチオピア
誕生年 1860年代
公認団体 CFA・TICAの両方
タイプ フォーリン
原種 雑種のティックドショートヘア
毛種 中くらいの短毛種
目色 ゴールド・グリーン・へーゼル
公認毛色 ルディ・レッド(TICAではシナモン)・ブルー・フォーン・シルバー(TICA)

Average Data65匹の平均データ []

体重 [] ♂ 4.0kg ♀ 3.1kg 
運動量
食事量
なき声量
声の大小
お手入れ
躾け易さ
健康度
満足度 1
10

詳 細

歴史
アビシニアンは古代エジプトの「聖なるネコ」に似た外見を持ち、イエネコの中でも最も古いものの一つとも言われています。1868年、アビシニア(現・エチオピア)戦争後の帰還兵がイギリスに持ち帰ったネコの「ズーラ」が現在のアビシニアンのはじまりとなりました。「アビシニアン」という名前も、こうしたルーツからです。ブリティッシュ・ショートヘアを含む様々な交配により、外見・色などに改良が加えられました。1871年、イギリスで行われたキャットショーに初めて登場し、1882年に正式に公認されました。その後戦争による絶滅危機に瀕しながら、ブリーダーの懸命な努力の甲斐もあってこの危機を脱出。1964年には日本で最初のアビシニアンが登録されました。
特徴
アビシニアンはフォーリンタイプで、しなやかで筋肉質なボディーをもちます。頭部は丸みのあるV字形で、鼻にわずかなくぼみがあります。目は大きなアーモンド形で、目の下にはクレオパトララインがあります、そして大きな耳にはタフトが。ポウは小さく、つま先立ちのエレガントな立ち姿は「バレエキャット」とも言われるほどです。鳴き声は鈴を転がしたような綺麗な音色をしています。
被毛の特徴
アビシニアンの魅力の一つが、アグーティタビーと言われるゴールドの被毛。1本の毛が2~3色の濃色で染め分けられているティッキングにより、光の加減やネコの動きなどで被毛がキラキラ輝いて見えます。額にM字のタビー模様が入っているのも特徴です。
性格
優雅で野生的でもある外見とは裏腹に、実はとっても甘えん坊。遊んでもらうのも大好きです。
生活環境
活発なネコなので、よく運動をさせましょう。
グルーミング
1日1回程度でOK。元来水をあまり怖がらない品種なのですが、シャンプーをする時はあまり怖がらせないように。シャンプーをすると、被毛の輝きとなめらかな手触りに驚くこと間違いなしです。

みんなの家のアビシニアン(65)

あなたの家のアビシニアンをこの猫図鑑に掲載してみませんか?

このページの先頭へ